イタスポールは飲むタイプの水虫治療薬

水虫というと、一般的には足の指の間がグチュグチュしたり、かかとがカサカサするなど、皮膚に症状が現れることを思い浮かべます。
その状態を放置したままにしておくと、爪にまで感染が広がってしまう可能性があります。
皮膚の水虫は塗り薬でも治療をすることが出来ますが、爪水虫の場合は爪の表面に薬を塗っても治療効果を期待することが出来ないことから、飲み薬による治療が行われます。

水虫に効果のある内服薬として、アゾール抗真菌薬に分類されるイトリゾールがあります。
アゾール系抗真菌薬は水虫の治療薬の多くが属するタイプの薬です。

イトリゾールのジェネリック医薬品がイタスポールです。
イタスポールはイトリゾールと同様のイトラコナゾールが有効成分です。
有効成分であるイトラコナゾールは真菌が細胞膜を作る時に必要となるエルゴステロールという物質の合成を抑制する効果があります。
エルゴステロールを生成することが出来ないと、真菌は増殖することが出来なくなるため、真菌症を治療をすることに繋がります。

なお、イトリゾールの服用方法としては、パルス療法と呼ばれる方法で服用することが出来ます。
これは、短期間に大量に服用し、その後休薬期間を設けることによって、総内服量を少なくすることが出来るということです。
その結果、費用を安く済ませることが出来るとともに、副作用の発生率を軽減させることも期待出来ます。

イトリゾールのジェネリック医薬品であるイタスポールもパルス療法を行うことが出来るため、より費用を抑えることが出来るでしょう。
具体的なパルス療法の方法としては、まず、1週間継続して服用し、その後3週間は休薬期間を設けるということを3ヶ月間繰り返すことを1サイクルとします。

真菌症の治療に有効な内服薬の中には、毎日服用しなければならず、イタスポールやイトリゾールのようなパルス療法が行うことが出来ないものもあります。
服用方法については診察を受けた医師の指示に従い、正しい方法で服用をするということが治療効果を得るためには大切になります。

イタスポールの副作用と注意事項

イタスポールは医薬品である以上、副作用が生じる可能性があります。
特に、内臓に関する副作用が多く、胃の不快感や吐き気、下痢、食欲不振、消化不良、肝機能の低下などが挙げられます。
また、その他にも、横断やアナフィラキシーショック、肺水腫などの重篤な副作用の報告もありますので、服用してから体に何らかの異常を感じた場合には、早急に医療機関に相談をするようにしましょう。

イタスポールを服用する場合には、注意しなければならないことがあります。
まず、併用してはならない薬が19種類、併用に注意が必要な薬が32種類指定されているということです。
このような薬を併用した場合には、命にかかわる作用が引き起こされる可能性もありますので注意が必要でしょう。

他の医薬品を日常的に服用しているという場合・肝臓や腎臓の機能に問題があるという場合、高齢者や小児の場合には、服用前に医師の診察を受けた上で、症状の経過を観察しながら服用を継続するかどうかを確かめる必要があります。

イタスポールについては、全ての人が服用することが出来るわけではありません。
重い肝障害を発症しているもしくは過去に発症した事がある人、妊娠中や授乳中の女性、イトリゾールの成分に対して過敏な反応を示す人は危険なため、服用することは出来ません。

長期的に服用した場合には、腎臓や肝臓に大きな負担を掛けてしまいます。
服用中は定期的に医師の診察を受けることで、異常があった場合でも早急に適切な治療を受けることが出来ます。
服用については、分からないことや不安に感じること、服用中に異常が合った場合には、早めに医療機関を受診、相談をすることが副作用を防ぐためにも大切なことです。