そもそも水虫ってどんな病気なの?水虫の症状を解説

白癬菌のイラスト 水虫という言葉は知られていますが、正式には白癬という病気です。
白癬菌はカビの一種で、菌が繁殖することで発症し、感染する部位によって頭であれば頭部白癬、足であれば足白癬などと言います。
水虫は白癬菌が皮膚の角質層に寄生することで起こる皮膚の病気で、手や体に感染します。
特に足に感染しやすいのですが、それは足が蒸れやすい環境にあり、白癬菌にとって良い環境である高温多湿だからです。

水虫は男性だけではなく靴を履いたまま過ごすことも多いため、女性も水虫になることはあります。
原因は、水虫に感染した人の皮膚からはがれた角質を素足で踏むなどで菌が付着し感染します。
白癬菌が皮膚に着いてすぐに感染するというわけではなく、足などに付着した菌が洗い流されずに、傷ついた角質から入り繁殖しやすい環境にある場合が原因となり感染します。
感染する環境は、高温多湿の環境です。

また皮膚に汗などが残ることでアルカリ性の皮膚になっている場合にも繁殖する環境と言えるため、毎晩しっかりと入浴して体などを清潔に保つことで皮膚は弱酸性になるので感染を予防することができます。
家族に水虫に感染している人がいる場合には、浴室の足ふきマットやスリッパなどを共有することで感染することがあるので、頻繁に洗って良く乾燥させて使うこと大切です。
革靴やハイヒールなどは指の間が湿りやすくなるので、自分の足に合った靴を選び通気性を良くすることも必要です。
1日履いた靴は湿気を含んでいるので白癬菌も繁殖します。

靴は複数用意して毎日履き替えて乾燥させると良いです。
靴下は通気性の良い木綿や麻の素材のものを履いて、ナイロン製のものは避けます。
自宅だけではなく、公共の銭湯や温泉、プールなど多くの人が裸足で利用するところは注意が必要です。
多くの人が利用する公共の場所に裸足で行った場合には、水虫に感染しないように良く洗い流して菌が繁殖しないようにすることがポイントです。

主な症状は爪白癬やかゆみ、水ぶくれ

水虫の主な症状は足に感染すると足白癬、爪に感染するのは爪白癬など感染する部位によって皮膚に現れる症状が異なります。
足の水虫のひとつは、足の指の間に良く見られて、赤くなり皮がむけたり、白くなってぶよぶよになることがあります。
足裏の土踏まずあたりに小さな水疱ができて日が経つにつれて赤くなって皮膚がむけ、かゆみも強いという症状や、足の裏や踵などが乾燥して角質が厚くなって硬くなって皮膚がむけてひび割れを起こすこともあります。

爪に感染することもあり、爪水虫とも言われる爪白癬です。
爪水虫は足の指がにごっている症状があり、白癬菌が足の皮膚から爪の中に侵入して爪がにごったり、爪自体が分厚くなります。
爪水虫は爪以外の足にできる水虫と異なるのは、見た目の症状があっても、かゆみがあったり、ジュクジュクするような自覚症状がありません。

水虫の治療は自然治癒は見込めないので、塗り薬などを使って治療をします。
市販の塗り薬などもありますが、なかにはかゆみを伴わない水虫もあったり、水虫と症状は似ていても違う病気の可能性もあり、市販の薬では効果がなく症状を悪化させてしまうこともあります。
症状の判断も含めて早めに皮膚科を受診することが必要です。

治療には抗真菌薬というカビを殺す薬剤の塗り薬を使うことが殆どです。
水虫は治療がなかなか完治しない場合が多く再発することもあるので、塗り方に注意が必要です。
塗り薬はかゆみのある部分だけ塗るのではなく、症状がない部分であっても白癬菌が潜んでいる可能性はあるので、足裏全体や側面、指の間などにも丁寧に塗ります。

またかゆみが無くなると治ったと思ってしまいがちですが、症状がなくなっても完治しているわけではないので、症状がなくなってから1ヵ月以上は薬を塗り続けます。
塗り薬を塗っていても症状が改善しない場合には、抗真菌薬の飲み薬を使うこともあります。
足の水虫だけではなく、爪水虫になっている場合などは特に飲み薬が効果を発揮することもあるので、早めに皮膚科で相談して完治を目指します。